ホーム > > ダイヤの原石ではないと気づかされる瞬間

ダイヤの原石ではないと気づかされる瞬間

化粧品コーナーで店員さんにメイクしてもらい、仕上がりを鏡で見て、自分が思っているのとは違った時に強く美人になりたいと思います。 きちんと化粧さえすれば、自分だってじゅうぶん闘える筈と期待値をあげている分、化粧してもさほど変化がないことに余計にショックを受けます。 たまたま一回だけなら、店員さんの腕が悪いということになりますが、毎回鏡を見たときにがっかりします。むしろ鏡を見ていることが恥ずかしくなってきます。 誰か私を変身させてくれる人はいないものかと考えてしまいます。 脚やせエステ岡山